労災保険の特別加入

労災保険の特別加入

社長(事業主)も入れる「労災保険」で災害時も安心

労災保険は、本来、労働者の負傷、疾病、障害または死亡に対して保険給付を行う制度です。

社長が仕事中に災害にあったら、どうするのでしょうか?

このようなケースのために、労働者以外の方が加入できる特別加入制度があります。

労災保険の特別加入とは、その業務の実状、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の方に対して特別に任意加入を認めているものです。

この労災保険の特別加入制度に社長(事業主)が加入することにより、万一の場合、労働者と同じように労働者災害補償保険法の補償を受けることができます。

社長(事業主)が特別加入をしていない時に災害が発生した場合、何も補償されないため大きな負担が生じてしまいます。

さかのぼって加入はできませんので注意してください。

 

(1)労災保険と健康保険の差異

 

業務上、通勤途上

業務外

一般労働者

労災保険

健康保険

兼務役員(業務執行権なし)

労災保険

健康保険

社長(事業主)

適用なし

→特別加入をすると

労災適用

健康保険

 

(2)特別加入の種類

特別加入には、次の4種類があり、それぞれその加入者の範囲、加入要件、加入手続き、加入時健康診断、業務上外の認定基準(保険給付の対象となる災害の範囲)などに関して、特に留意していただきたい事項があります。

 

中小事業主等

以下の労働者を常時使用する事業主(事業主が法人その他の団体であるときは、その代表者)及び労働者以外で当該事業に従事する方(事業主の家族従事者や、中小事業主が法人その他の団体である場合における代表者以外の役員など)

※継続して労働者を使用していない場合であっても、1年間に100日以上にわたり労働者を使用している場合には、常時労働者を使用しているものとして取り扱われます。

業種

労働者数

金融業・保険業・不動産業・小売業

50人

サービス業・卸業

100人

上記以外の業種

300人

 

一人親方その他の自営業者

労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方その他の自営業者及びその事業に従事する方(「一人親方等」といいます。)のうち、次の種類の事業を行う方

  • 建設の事業(大工、左官、とびの方など)
  • 自動車を使用して行う旅客または貨物の運送の事業(個人タクシー業者や個人貨物運送業者など)
  • 漁船による水産動植物の採捕の事業(漁船に乗り組んでその事業を行う方に限ります。)
  • 林業の事業
  • 医薬品の配置販売(薬事法第30条の許可を受けて行う医薬品の配置販売業をいいます。)の事業
  • 再生利用の目的となる廃棄物等の収集、運搬、選別、解体等の事業

 その他にも、海外派遣者,特定作業従事者などもあります。

 

私たちが丁寧に対応させていただきます

PAGE TOP