残業問題

割増賃金について

改正労働基準法により、1ヶ月につき法定労働時間を60時間超えて労働させた場合、その超えた時間の労働に対する割増率が50%以上に設定されることになりました。

つまり、法定割増賃金率が25%から50%へ引き上げられます。

現行と改正後の比較を以下に示します。

10001.jpg

 

私たちが丁寧に対応させていただきます

PAGE TOP