給与計算

給与計算の導入までの流れ

(1)ご契約

お客様から給与計算アウトソーシングする作業の範囲・内容をヒアリングした後、ホームページ上で公開している金額を目安とし、お見積もりをお出しします。

お見積もり金額を提示した後に、追加料金を大幅に発生させるなどの不誠実な対応がないように、しっかりヒアリングをさせて頂き、再度、お見積もりをお出しさせて頂きます。

お見積もり金額に合意して頂いた場合には契約をさせて頂きます。

 

(2)事前打ち合わせ

ご契約の際にヒアリングさせて頂いた内容をもとにお打ち合わせを行います。

事前打ち合わせ確認事項

  • 各種給与データの形式と受け渡し方法
  • 各種給与データの内容(賃金体系・雇用形態等)
  • データをいただいてから納品までのタイムスケジュール
  • 納品物(給与明細・給与一覧表・振込データ等 貴社が必要とするもの)

 

(3)初期導入作業

個人マスターデータ及び、処理完了月までの給与計算データをお客様よりいただき、当事務所のシステムへ取り込みを行います。

取り込みデータ内容

  • 個人マスターデータ(固定賃金・扶養家族・住所等個人別データ)
  • 直近月までの累積給与データ

 

(4)お客様から頂くデータ内容の確認

お客様から頂くデータ内容をしっかりと確認させて頂きます。

確認させていただくデータ

  • 月次個人マスターデータ(変更が生じた分の固定賃金・扶養家族・住所等個人別データ)
  • タイムカード等勤怠データ
  • 変動データ(当月のみの手当・控除等)

 

(5)データの受け渡し方法の確認

データの受け渡し方法の確認を行います。

メールや郵送等でデータの受け渡しをさせて頂きます。

 

 

私たちが丁寧に対応させていただきます

PAGE TOP