労基署対応

労働基準監督署について

(1)労働基準監督署(労基署)とは?

労働基準監督署(労基署)は、労働基準法や労災保険法、労働安全衛生法、労働保険徴収法をはじめとする、さまざまな労働関連の法律にもとづいて、労働条件の確保や改善、指導、安全衛生の指導、労災保険の給付などの業務を行っている機関です。

厚生労働省の下に(都道府県)労働局があり、その下にあるのが労働基準監督署です。ですので、労基署を管轄しているのは、各都道府県の労働局です。

 

(2)労基法違反のチェック

労働基準法は、労働者を保護するために使用者にさまざまな義務を課している法律であり、労基署は、以下のようなものに相談に応じます。

通常は、

  • 労働保険料の申告書の提出や保険料の納付
  • 労災保険の給付の際の手続き

などで企業と労基署は関わるのですが、

  • 解雇や賃金不払い等の労働条件、労災保険
  • 職場の安全衛生、健康管理

などの相談にも応じています。

 

(3)監督官とは?

労働基準監督官は、国家公務員で、以下の大きな2つの権限があります。

「労働基準監督官」としての権限

  • 会社や工場、寄宿舎などの臨検
  • 帳簿・書類・資料の提出を求める
  • 関係者に対する尋問を行う

「特別司法警察職員」としての権限

  • 強制捜査、関係者への事情聴取、証拠物品の押収など


ここで知っておいてもらいたいことは、労基署は逮捕もできるということです。

これはどういうことかというと、労基法には賃金支払いの諸原則が定めており、その違反に対しては30万円以下の罰金が科されています。また、法定労働時間を超える労働をさせた場合は、6ヶ月の懲役もしくは30万円以下の罰金を科すものとなっています。

 

私たちが丁寧に対応させていただきます

PAGE TOP