解雇問題

解雇の基礎知識

解雇とは、「使用者から労働者に対する労働契約の一方的解約のこと」をいいます。

つまり、使用者が雇用の期間を定めていなかった場合は、使用者はいつでも解雇を申し入れすることができるということになっています。

この場合、解雇予告を行うことで、解雇を行えるということになっています。その場合、1ヶ月分の解雇予告金を払うのですが、その解雇予告金を払えば、すぐに解雇できるというわけではありません。

解雇はそれまでの労働者の生活の糧を奪うことになるため、解雇ができるのは、きわめて限定的な場合とされています。

解雇には、正当性がなければならず、この正当性とは、

「だれもが辞めさせられてももっともだという理由があって、なおかつ使用者側が今まで何度も注意してきたのに、労働者側が一向に改めず、だれが見ても解雇以外に方法がないと言える場合」

とされています。

ここでは、解雇にあたっての方法、手順をご説明していきますので、ご参考にして頂ければと思います。

 

私たちが丁寧に対応させていただきます

PAGE TOP